人気ブログランキング |

☆a&e☆

daiyaken.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 10日

マスターマインド×ウルフズヘッド?×1000%

prismaxiさんの
1000% BE@RBRICK mastermind JAPAN 東コレファイナルへTB!

f0046734_21372876.jpg

1000%の70cmの大きさは圧巻です!

mastermind JAPANの東コレファイナル開催記念限定モデル!


「しかもウルフズヘッド×マスターマインドのWネーム??」
しかし残念ながら違うんです。ウルフズヘッドの70mmのリストバンドを両腕に着け
ベルトを腰に巻いたオリジナルのスペシャルバーションなんです(苦笑)

逆にこの1000%がいかに大きいかハッキリと判るんじゃないかと思います!

当たり前ですけど、思いっきり「デカくて笑えます」

                             さてどこに飾ろうか・・・ 困った・・・

f0046734_22575271.jpg






  


















包装されてきた箱も棺桶なみ(笑)15,000円はお買い得?

by daiyaken_2nd | 2006-06-10 00:00 | うるふずへっど
2006年 06月 03日

WOLF’S HEAD 幹田卓司

ウルフズヘッド 幹田卓司氏





千駄木の路地裏にある「WOLF’S HEAD」というヴィンテージSHOP。
それほど広くはない店内に所狭しと宝物がびっしりと詰め込まれている。
宮沢りえさんの彼氏としてしか知らない方もいらっしゃるとは思いますが
一度はお店に足を運ぶのをお勧めします。無骨な彼が必ず佇んでいます。

画像および下記内容は、TETさんのブログからです。

--------------------------------------------------------------千駄木は彼の地元であり経営するショップ「Wolf's Head」がある場所でもある。
初めてそこを訪れたときには正直驚きを感じた。
古着や洋服、それが好きな人たちの姿は辺りに一切見えず洋服屋があるとは
思えない車が通ることのできない細い路地に立地する店舗。
そして場合によっては来るものに躊躇をさせるエントランス・ドアの脇に店内での
ルールを示す「ハウス・ルール」が掲げられていること。

そういったことはネガティブな誤解を招く場合もあるが実際彼を知り店に対して持つ
心意気を拾えたときは彼の接客に対する態度が意味あることとして理解出来る。
というのも商品のメインとなるスタッズを使ったベルトやウォレット、リストバンド
などのオリジナルのアイテムはデザインから製品になるまでの行程を時間こそ
掛かるが誰にも任せずに自身が作って、売るということをポリシーとしている
ことから制作から管理までをの全てをこなし、更にはそれらの自分で制作した商品
サンプルの隙間に埋もれるように毎日の接客までをもこなしている。
それら商品を時間をかけ一つづつ手で作るように一人づつに対して自分から
手渡しで販売しているということは彼なりの「作り手として表す客に対する敬意」
のようなもので本質的な接客を行なっている彼の真面目さであり、昔感じた
ことのある店らしい店だ<TETさんのブログより>

by daiyaken_2nd | 2006-06-03 00:00 | うるふずへっど
2006年 06月 02日

WOLF’S HEAD STUDS BELT

ウルフズヘッド・スタッズベルト
Part5


コムデギャルソンWネームで一番有名なパターンのスタッズベルト

これはウルフズヘッドオリジナルですが、コムデギャルソンとは若干の違い有り。
好き嫌いがハッキリと分かれ、万人受けするデザインではないとは思いますが
彼のスタッズアイテムに魅惑された人々は数知れず。僕もその一人です。

「なんでベルトも2色買いする必要が有るの?」と突っ込まれそうですが
ここでそんなヤボな事をおっしゃる方もいないかと(笑)
「ここまでくると全部2色揃えないと気がすまなかったんです!」

by daiyaken_2nd | 2006-06-02 00:00 | うるふずへっど
2006年 06月 01日

WOLF’S HEAD STUDS WRIST BAND

ウルフズヘッド・スタッズリストバンド
Part4




「濱マイク」に影響されたミーハー者です。言い訳しません(笑)

濱マイクも黒と白を両腕に、ウルフズヘッドのオーナーも黒と白を以前両腕に装着。
70mm幅の革にサイドにスウェードを挟み込みスタッズを打ち込んだリストバンド!
濱マイクのTV版で「H」「M」の特注スタッズを打ち込んでの登場は有名ですよね。
いつも店にいらっしゃるオーナーの幹田卓司さんには気迫を感じます。
威圧感バンバンバン!なんでニコニコ笑顔で対応して下さーい!とは言いません!
ウルフズヘッドのあの店の独特の雰囲気とお香の香りが大好きなんです。

「なんで2色買いする必要が有るのと?」と突っ込まれそうですが
ここでそんなヤボな事をおっしゃる方もいないかと(笑)
「濱マイクになりたかったんです!」

by daiyaken_2nd | 2006-06-01 00:00 | うるふずへっど